FC2ブログ

最近の記事


カテゴリー


プロフィール

南(みなみ)

Author:南(みなみ)
どんなサイズも大好物なおっぱい星人。ニーソも大好物。
しゃぶりつきたくなるようなおっぱいと撫でたくなるような太ももを描く事が目標。
おっぱいは地球を救うと思っている。


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


カウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


処女喪失



「痛いか?」
「ん…少し…でも慣れてきたよ…」
顔を歪ませながら言ったその言葉が嘘か本当か今のタクヤには分からない。
ただ、タクヤと目が合うたびにユキはタクヤ自身を締め付けた。
「もう少し動いていいか?」
「うん…」
 ずぶ… じゅぶ… 
「もっと…いいよ」
自分を気遣い遠慮しているタクヤに声をかけた。しかしその言葉は彼の理性をかき消す手助けをしてしまった事に彼女はまだ気付いていない。
「……タクヤ…?」
「…お前の中、気持ち良過ぎて我慢できなくなってきた……」
 じゅぶ じゅぶ じゅぶ じゅぶ
「ひゃぁっ! んぁっ んっ」
今までの倍の速さと強さで突かれ、ユキの心は突然の出来事に悦びより驚きと恐怖に支配される。
 ずぶっ ずぶっ ずぶっ ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ
「あ! あ! ふぁ! そんな急に…ダメぇ!」
悲鳴にも似たその声はユキの愛液に溺れている今のタクヤには届かない。
 ずぶっずぶっずぶっずぶっずぶっ
「ぐちゃぐちゃだぜ…お前の中……もう出そう…」
「ふぁ! ん! タク…ヤぁっ」
激しく突かれているユキはタクヤにしがみ付くのが精一杯だった。
 ずっずっずっずっず  じゅびゅっ
「くっ」
「あぁっ!」
 ドク… ドク…
「お腹…タクヤのでいっぱい……」





処女喪失+中出し+ニーソ。
足がちょっと変だったな(´A`;)
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |